あったか家族のお手伝い日本一
画像

画像
ご家庭にて温めてお召上がりいただく場合は温め時間がポイントです。

焼鳥や惣菜は、そのままでも美味しくお召上がりいただけますが、ご家庭の電子レンジやオーブントースターで温めていただくことによって、より美味しくお召上がりいただけます。
ポイントは加熱時間!温めすぎるとお肉が堅くなってしまったり、水分が蒸発しておいしくなくなってしまします。
こちらを参考に美味しく召し上がってください。


◆温め方のポイント!
〜電子レンジの場合
焼鳥の肉の状態が冷め切っていて肉が固くなってしまっている場合は、ラップをして加熱します。
少し温かく肉もやわらかい状態なら、ラップをかけないで加熱します。
どちらの場合も、タレを掛けて温めた方が味がよくなります。



■電子レンジでの加熱時間の目安

焼鳥(3本)
700W・・・20秒
600W・・・25秒
500W・・・30秒

焼鳥(5本)
700W・・・30秒
600W・・・35秒
500W・・・45秒

もも焼き(1本)
700W・・・50秒
600W・・・1分
500W・・・1分10秒

ワンポイント
いずれの場合も
・袋から取り出し、耐熱性容器に移し替えラップをしないで加熱します。
・たれをかけて温めていただくとより美味しくお召上がり頂けます。


唐揚げ(100g)
700W・・・30秒
600W・・・35秒
500W・・・45秒

ちび丸ポテト(100g)
700W・・・30秒
600W・・・35秒
500W・・・45秒

ナンコツ唐揚げ(100g)
700W・・・25秒
600W・・・30秒
500W・・・40秒

ワンポイント
いずれの場合も
・袋から取り出し、耐熱性容器に移し替えラップをしないで加熱します。
・また、揚げ物の下にキッチンペーパーを敷いて加熱するとサクッと感が増します。


焼鳥弁当・そぼろ弁当・鰻重
700W・・・1分
600W・・・1分10秒
500W・・・1分25秒

ワンポイント
いずれの場合も
・お弁当はフタを外してラップをし加熱します。
・蒸気が逃げずにしっとり仕上がりますが、熱くなりすぎて容器が変形することがありますのでご注意ください。




■オーブントースターでの温め時間目安

焼鳥
オーブン1000W(予熱3分)の場合・・・2分

ワンポイント
・袋から取り出し、対応容器又はアルミホイルに移し替え、アルミホイルで串をおおう様にして加熱します。
・串が焦げない様にするため、串の部分をアルミホイルで隠して加熱します。


ちびまるポテト(100g)
オーブン1000W(予熱3分)の場合・・・2分

もも唐揚げ(100g)
オーブン1000W(予熱3分)の場合・・・1分30秒

肉付きナンコツ(100g)
オーブン1000W(予熱3分)の場合・・・1分30秒


ワンポイント
・いづれの場合も袋から取り出し、対応容器又はアルミホイルに移し替え、加熱します。


ご注意ください
※上記の時間は目安です。
ご家庭の電子レンジ、もしくはオーブントースターの機種によって変わりますので、様子を見ながらあたためてください。




◆商品の焼き上がり
当店の焼鳥は経験を積んだスタッフが直火で1本1本丁寧に焼き上げております。
更に美味しく召し上がって頂く為に、特にお問合せの多い商品の焼き上がりをご確認ください。


■レバー串■
火が通っている状態

× 火が通っていない状態

ポイント
・串の周りを確認する。
・生の場合は赤みが強く、固まっていない。
・焼き上がりは赤みが消え、固まっている。
・中心部がごらんの画像のようにピンクの場合だと生焼けに見えますが、同じような色味であれば火の通った状態であり、美味しくお召上がりいただけます。


■ひな串■
火が通っている状態

× 火が通っていない状態

ポイント
・串の周りを確認する
・生の場合は肉が赤く、透明感がある
・焼き上がりは肉の透明感がなく、肉全体が白っぽくなる


日本一(焼鳥・惣菜) 店舗一覧へ
銀座 縁 店舗一覧へ


ページトップへ


トップページ[MENU]へ戻る

(C)NIHONICHI CO.,LTD.